チャンヒョクとチャンナラは義兄妹の仲!共演でベストカップル賞

そして12年経ち…「運命のように君を愛してる」でまた共演する2人!

最強のカップルが再び共演ということで話題になりましたね!視聴率は二人の若い頃には及びませんが、凄く素敵な作品でした!

物語の最初から、ヒョクさんの演じるイ・ゴンのシャンプーのCMのシーンが面白くて引き付けられました。ヒョクさんがこんな面白い演技をされた事にビックリしました。今までヒョクさんの作品では「ありがとうございます」や「チュノ」などを見てきましたが、シリアスなドラマばかりだったせいか…今回のドラマで凄く新鮮に映りました。

可愛らしい純真で優しいミヨンを演じたナラさんの演技力にもビックリで…ヒーリングキャンプで言っていた目の演技が素晴らしいです(^_^)特に18話の大盛り上がりのシーンは…ミヨンとゴンの温度が急上昇しているのを凄く感じました。

私の感想なんですが、取材陣の前でのキスシーンというのは王道すぎて、見ているこっちまで恥ずかしくなりそうなんですが、この二人の温度が最高に上がり、見ているこっちものめりこんでしまいました。初めて、俳優さん同士の相性ってドラマに関係あるんだって実感しました。

↓18話のキスシーン

ナラさんがヒーリングキャンプに出演されていた際に、このドラマの事について話していました。凄く現場の雰囲気が良くて、幸せでしたとにこやかに話されていて、ヒョクさんについても、「明朗少女成功記」の時より多く話が出来て仲良くなれたと嬉しそうでした。

「運命のように君を愛してる」制作発表

「運命のように君を愛してる」メイキング

撮影現場の雰囲気楽しそうですね!

ナラさんは、撮影が終わった当時のSNSでは

チャン・ナラは「運命のように君を愛してる」の最終回を控えた4日午後、自身のTwitterに「『運命のように君を愛してる』の撮影終了。言葉にできないくらい幸せでした。大変だったけど、何倍の喜びを感じました」という書き込みを掲載した。

続いてチャン・ナラは「私の人生で指で数えるくらい、幸せな時間でした。共にした『運命のように君を愛してる』チームの皆さん、光栄でした。見守っていただき、心から感謝いたします」とし、視聴者に感謝の挨拶を伝えた。

と感じた事をつぶやいています。今まで苦労されてきたチャン・ナラさんにとって良い思い出が残る作品になって良かったですね!

共演したチャンヒョクさんについては

―劇中で愛を与えるために努力した二人の男性チャン・ヒョク、チェ・ジニョクとの呼吸も重要だったと思う。チャン・ヒョクとは今回が2回目だ。特に変わったところはあったか?

チャン・ナラ:チャン・ヒョク先輩は相手によく合わせてくれる。「明朗少女成功記」の時は、現場がとても急迫してお互いにプライベートな話をすることができなかったが、それでも自然に受け入れてくれた。今回はたくさん話した。親しくなって義理の兄妹になった。私は主に兄さんと呼んでいる。演技においても学ぶべきことが多い。眼差しや台詞の言い方、キャラクターの解釈などは人によって違う可能性があるが、そこから掴むべきところが多い。私たちだけの話だが、また今度共演することがあったらアクション演技をしたい。チェ・ジニョクさんの場合は周辺の状況が厳しかったが、歯を食いしばって最後まで堪えた。ただ者じゃないと感じた。彼がデビューした時から見ているが、一緒に演技することができてよかった。

―チャン・ヒョクとの相性を点数でつけるとしたら、100点満点のうち何点だと思うか?

チャン・ナラ:考えることもなく100点だ!とにかく100点。無条件だ!(笑)

―チャン・ヒョクと共演して、お互いに得るエネルギーがあるとしたら?

チャン・ナラ:チャン・ヒョクさんは私にとって大きな木だ。撮影現場でチャン・ヒョクさんは演技的にとても頼りになる。私がどんな形で演技をしても全部受け入れてくれるし、気楽にミヨンになれるようにいつも配慮してくれる。そのおかげで怖がらず演技ができると思う。チャン・ヒョクさんはチームのエネルギーであり、柱だ。

―チャン・ヒョクともう一度共演のオファーが来れば共演する気はあるか?

チャン・ナラ:チャン・ヒョクさんとなら無条件でやりたい。ただ、次の作品で共演することになれば、ラブコメディではなく別のジャンルでも良さそうだ。ぜひ共演したい(笑)

と話しています。チャン・ヒョクさんとの恋愛ドラマも良かったですが、他のも見てみたいですね。

チャン・ヒョクさんも撮影時のエピソードを話してますね!

チャン・ヒョクとチャン・ナラは「再会カップル」だ。12年前「明朗少女成功記」の大ヒット後、今回の作品でも共演して幻想的な息の合った演技を見せ、「信じてみたいカップル」という別名までついた。

「『明朗少女成功記』の時は余裕がありませんでしたね。今回もそんなに多く話し合ったりしたわけじゃないですが、チャン・ナラさんは演技のセンスがあって、僕がアドリブを投げ込めば、全てきちんと返してくれたんです。今回再び共演して話をする時に、彼女にタメ口で話していたのか、敬語を使っていたのか思い出せなくて、初めは敬語を使っていました。後で知ったんですが、あの時親しくなった後、呼び捨てにしていたらしいですよね(笑)」

久しぶりに共演したが、気まずさはなかった。二人が描いたロマンスは切なくも甘いものだった。二人が劇中で描く恋愛過程の面白さは12年前より増していた。

「よく会ってもぎこちない人もいるし、あまり会わなくても楽な人もいるじゃないですか。ナラさんと僕はまさに後者です。特に話をしなくても楽に一緒にいられるんです。僕とナラさん、そして監督まで三人でよく話しました。俳優が自分の演技をするのも大事ですが、相手の演技を受け入れるのも必要なことです。ナラさんはそういうリアクションがいい女優さんなんです。僕が演技を投げ込んだのに受け入れてくれなければ困りますからね。ナラさんが演技を投げ込んだら、僕が受け入れてあげなければいけないんです。そういう点で、ナラさんやコン・ヒョジンさん、スエさん、チョ・ジヌンさん、チャ・テヒョンさんなど共演してきた俳優・女優さんたちはアクションとリアクションが全ていいんです」

「運・君・愛」はほとんどの韓国ドラマがそうであるように、中盤以降、台本が遅れてタイトな撮影スケジュールを強行していった。それでも視聴率3位で出発し、1位と2位を行ったり来たりするようになり、俳優やスタッフがより楽しく撮影できたわけだが、それでも体力的につらい部分があったのも事実だ。

「今回、残念に思う部分はありません。ただ眠れないのがつらかっただけです。一番怖かったのは、ベッドシーンでしたベッドシーンをどう撮るかが問題ではなくて、寝そべったら、眠ってしまうのではないか心配でした。ひどい時は6日間寝られなかったときもあります。しかしナラさんと僕が息が合っていると思ったのは、寝そべって演技をするシーンがあると、僕が寝そうなときはナラさんがしっかりしていて、ナラさんが寝そうなときは僕がしっかりしていたんです。間違えば二人で眠ってしまう可能性もあるわけですが、お互いに支え合いながら演じられたんです(笑)。でも監督が仮台本をなかなかくれなくて。仮台本は次の話がどう進んでいくのかわからないと俳優が困るんです。僕たちは本台本が遅かったんです。でも本台本が遅くなるのは、仮台本をもらうよりマシです。台本が遅くなるということは、脚本家がそのくらい悩みながら書いたということだから、尊重します」

と話しています。俳優さん同士が合っていたら、視聴者にも伝わるんですね!ドラマの内容はリアリティのないロマンティックな話なんですが、俳優さんの表情やしぐさが繊細でグッと感情に訴えるような作品だなって思いました。

それとビックリしたのが6日間眠れなかったって衝撃的なんですが(^_^;)凄いスケジュールだったんでしょうね。でも「明朗少女成功記」の時より忙しくなかったとのことなんですが( ゚Д゚)当時、どれだけ忙しかったんでしょうか?!本当にお疲れさまでした。

メイキングでも、監督とナラさ、ヒョクさんが仲良く話し合っていましたしその成果でしょうか?年末のMBC演技大賞では!

「2014MBC演技大賞」

ベストカップル賞にノミネートされました!ええ!!凄い!!高視聴率のドラマ「私はチャンボリ」のカップルじゃないの?って思いました。でもナラさんヒョクさんのベストカップル賞は最高に嬉しかったです!この二人しかいません!(^_^;)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA