韓国版「最後から二番目の恋」はキム・ヒエとチ・ジニが主演

最後から二番目の恋が韓国版でリメイク!

スポンサーリンク

日本ドラマ原作「最後から二番目の恋」キム・ヒエ&チ・ジニの初共演に高まる期待…新たな牽引役となるか(総合)

OSEN |

視聴率を保証する役者キム・ヒエとチ・ジニが、SBS週末ドラマ「最後から二番目の恋」で共演する。ドラマ「愛人がいます」や「温かい一言」など、様々な作品で理知的で優しい紳士の魅力を見せたチ・ジニと、「密会」「ミセス・コップ」などで多彩な魅力を披露したキム・ヒエが今回の作品で初共演を果たすのだ。

チ・ジニは生真面目な公務員、キム・ヒエはスタープロデューサーに扮し、コミカルなドラマに挑戦する。衝撃のイメージチェンジに、新鮮な組み合わせ。前番組「美女コン・シム」の低視聴率を挽回する牽引役になるか、人々の関心が集まっている。

27日午後、ソウル木洞(モクトン)SBSホールでは、新週末ドラマ「最後から二番目の恋」(演出:チェ・ヨンフン、脚本:チェ・ユンジョン)の制作発表会が開催された。このイベントにはヒロインのキム・ヒエやチ・ジニ、クァク・シヤン、キム・スルギ、イ・スミン、ステファニー・リーが出席し、作品全般について話した。

最初にマイクを取ったチェ・ヨンフン監督は、撮影の進行状況について話した。チェ監督は「順調に撮影が行われている。前だけを見て突っ走ってきて、いつの間にか大人になってしまった人々に、過去を振り返ることができる余裕について話したかった」と演出の意図を説明した。

チェ・ヨンフン監督は、また「これまで正劇(シリアスで深みのある内容を扱った作品)で真剣な演技を見せてきたキム・ヒエ&チ・ジニが、今回の作品でコミカルな演技を見せる。これまでどうして我慢できたのか分からないほど面白い」と自負した。

46歳のスタープロデューサーカン・ミンジュ役を担当したキム・ヒエは、ドラマへの格別な愛情を表した。キム・ヒエは「実はドラマの撮影が本当に大変だ。アクションシーンの撮影も多いためだ。しかし『最後から二番目の恋』は全世代を網羅できるストーリーが盛り込まれているため、とても魅力的だと思う。もしこのドラマがラブストーリーにだけフォーカスを当てていれば出演しなかったと思う」と強調した。

キム・ヒエと共演するチ・ジニは、ドラマ撮影中に鼻骨を折るという深刻な負傷をしたにもかかわらず、明るい姿を見せた。チ・ジニは「本当にお気に入りのキャラクターに出会った。僕が演じる公務員コ・サンシクのように、常識のレベルで行動する真っ直ぐな公務員が多ければいいなと思う」とし、キャラクターへの愛情を見せた。彼は撮影中の怪我についても「鼻骨が折れる軽い事故だった。鼻血がダラダラ出たが、これくらいは大丈夫だ。作品が伝えようとするメッセージが本当に良い」と余裕の笑顔を見せた。

チ・ジニはまた、キム・ヒエとラブストーリーを演じる感想について「個人的にはキム・ヒエさんに感謝している。スムーズな進行のために午前にリハーサルをすべきだと考えている俳優の一人だが、キム・ヒエさんはいつも誠実な態度や配慮で演技を合わせてくれる。本当に素晴らしい方だ」と話した。

キム・ヒエも「チ・ジニさんはすごく重い雰囲気の人かと思っていたが、いざ会ってみると本当に愉快な人だ」とパートナーへの愛情を見せた。

教育テレビ番組「ボニハニ」や映画「国家代表!?2」に出演したキム・スルギも「最後から二番目の恋」に合流する。今回の作品を通じて女優として正式デビューするイ・スミンは「『ボニハニ』を見て私を愛してくださるファンの方々に本当に感謝している。これからも初心を忘れず、一生懸命に頑張る女優になる」と覚悟を見せた。

キム・スルギも「映画とドラマ、どちらも成功してほしい。キム・ヒエ&チ・ジニ先輩の演技を現場で直接見て勉強させていただいており、良い経験をしている」と明かし、「最後から二番目の恋」の固いチームワークを伺わせた。

SBS新週末ドラマ「最後から二番目の恋」は、フジテレビ系のドラマ「最後から二番目の恋」を原作にした作品だ。原作とリメイク作を比較して見るのも一つの鑑賞ポイントになるだろう。脚本を手掛けるチェ・ユンジョン脚本家は、「原作を加工して、韓国特有の感性に触れるために努力した」と説明した。チ・ジニも「原作は穏やかな雰囲気だが、我々のドラマは愉快な雰囲気を描く」と付け加えた。

キム・ヒエに思いを抱くカフェのイケメン店主クァク・ジュヌ役を担当したクァク・シヤンは、独特な視聴率の公約を掲げて作品の成功に自信を見せた。彼は「視聴率20%を超えたら、視聴者たちを招待して美味しい料理を作っておもてなしする」と約束した。

SBS新週末ドラマ「最後から二番目の恋」は何事も起こらないでほしいと願う5級公務員の課長コ・サンシク(チ・ジニ)と、何でも良いから起こってほしいと願う放送局のプロデューサーカン・ミンジュ(キム・ヒエ)の恋を通じて40代の恋と人生を描く。韓国で7月30日午後9時55分より第1話が放送される。

記者 : ソン・ジヨン

わー!こんなに嬉しい事はないですね!韓国ではキム・ヒエさんとチ・ジ二さんが主演をされるということで凄く楽しみです。

キャストも実力派の俳優さんで、きっとドラマの雰囲気を大切に演技して下さるんだろうなって思います。特に嬉しかったのはチ・ジ二さんがキャストに選ばれたことです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA