カンジファンの現在とプロフィール!結婚観や性格に熱愛説の彼女

カン・ジファンさんは、「頑張れクムスン」でヒットし、「快刀ホンギルトン」「私に嘘をついてみて」「お金の化身」などで、様々な役柄を演じている人気演技派俳優さんです。そしてファンの方を大切にする俳優さんとしても有名ですね。

そんなカン・ジファンさんについて書いて行きたいと思います!

カン・ジファンのプロフィール(兵役や出演作)

Kstyleの記事から引用

本名はチョ・テギュさん。1977年3月20日生まれ、現在40歳。身長は184センチと高く、スタイルは筋肉を鍛えてガッチリとしています。

カン・ジファンさんは湖西専門学校グラフィック科を卒業した後、すぐ兵役に行かれています。その後はミュージカルの世界に入りして俳優として活動されています。カン・ジファンさんのように、早くから兵役に行かれた方は俳優業としては、有利ですよね。

カン・ジファンさんは、TVでの活動は26歳の頃。有名な四季シリーズドラマでソン・スンホンさん主演の「夏の香り」に端役として出演、その翌年もラブストーリードラマ「ラストダンスは私と一緒に」、家族ドラマ「花よりも美しく」などに脇役で出演。この頃がジファンさんにとっての下積みの時期だったようです。

『がんばれ!クムスン』 既成世代のための“変種シンデレラ”

WoW!koreaの記事から引用

そして28歳の頃にカン・ジファンさんの一番最初のヒット作MBC「頑張れクムスン」に出演。視聴率が高く、カン・ジファンさんの人気と知名度は瞬く間に上昇します。MBCの授賞式では、新人賞、優秀賞を受賞。

その翌年の29歳に「恋の花火」「90日愛する時間」に出演。「恋の花火」ではヒロインを支える元サッカー選手役を演じています。「90日愛する時間」は切ないラブストーリーで、今後も縁のある女優キム・ハヌルさんとも共演されました。

カン・ジファン主演『7級公務員』日本封切り記念試写会開催!

WoW!koreaの記事から引用

30歳の時は「京城スキャンダル」に出演。1930年代を舞台にしたドラマで、カンジファンさんがモダンなカサノバ役ワンを演じています。KBS演技大賞では優秀演技賞を獲得。さらに共演したハン・ジミンさんとはベストカップルを受賞します。

ここまでカン・ジファンさんは、様々な内容のドラマにチャレンジしています。(ファミリー、ラブストーリー、など)そして翌年には初めての時代劇に挑んでいきます。

12月限定でチャン・グンソク&ソ・ジソブ出演作が冒頭数話無料!

WoW!koreaの記事から引用

31歳には初めての時代劇KBS「快刀ホンギルトン」に出演。視聴率も好評で、ヒロイン役のソン・ユリとはこのドラマの後も映画やドラマで共演することになります。KBS演技大賞では、ネチズン賞(ネットユーザー対象の賞)、ベストカップル賞を獲得!

この頃(32歳)から、日本の韓流ドラマファンの方のジファンさんに対する認知度が高くなったのではと思います。そしてMnet japanでは「カン・ジファンのある日何処かで」というレギュラー番組に出演。2年後にはシーズン2も放送されます。

33歳「コーヒーハウス」では作家ジンス役で女優パク・シヨンさんと共演します。

Kstyleの記事から引用

34歳の時には「私に嘘をついてみて」で、日本でも人気のユン・ウネさんと共演。コーラを浴びながらキスするシーンが当時話題になったそうですね。

Kstyleの記事から引用

そして36歳からカンジファンさんはリベンジものドラマでフィーバーしていきます。「お金の化身」という復讐劇で高視聴率を獲得。共演女優はファン・ジョンウムさん。

Kstyleの記事から引用

37歳の頃も、復讐モノドラマ「ビッグマン」に出演。最終回では視聴率1位を得て話題になりました。

Kstyleの記事から引用

そして37歳の時のドラマ「モンスター」で3度目の復讐モノドラマに出演。ヒロイン役は3度目の共演の女優ソン・ユリさん。次回作は違うジャンルも考えているとインタビューで答えていたので楽しみですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA