ノ・ミヌが元所属事務所SMに損害賠償を求め訴訟…敗訴に

俳優のノ・ミヌさんの元所属事務所は大手のSMエンターテインメント。独立してから出演する番組が取りやめになったということが何回もあったと本人は記事でも言ってますね。日本でもそういう事務所絡みで大変な想いをした俳優さんやアーティストは多いかと思います。

韓国では東方神起さんも「奴隷契約」の件で数年前に問題になりましたよね。その奴隷契約をノ・ミヌさんもさせられたと記事に書いています。どのような流れか見てみましょう!

ノ・ミヌさん元所属事務所SMエンターテインメントを提訴…それから1年

スポンサーリンク

“SMを提訴”ノ・ミヌ母が涙の告白「SMのせいで号泣する息子を見るのはつらい」

MYDAILY|

写真=マイデイリー DB

俳優ノ・ミヌ側が元所属事務所SMエンターテインメント(以下SM)を相手に損害賠償を求める訴訟を起こした理由を明かした。

13日夜、韓国SBSで放送された芸能ワイドショー「SBSテレビ芸能」では、17年間の奴隷契約の被害者であるとして、異例にも契約が終わってから5年後に元所属事務所を相手に訴訟を起こしたノ・ミヌに取材した。

この日の放送でノ・ミヌの所属事務所の代表であり、母親であるオ・ミンジョン代表は「私はエンターテインメント事業については何も分からない。どれほどせっぱつまれば、何も分からない私が息子のためにこんな会社を作ることになるだろうか。次々に番組出演などすべてを阻むから……(会社を立ち上げることになった)」と吐露した。

オ・ミンジョン代表は「先週の土曜日には、初めてノ・ミヌが号泣している姿を見かけた。毎日のようにそのような姿を見守る私は、生きていても生きていない気持ちだ」と語り、涙を流した。

また、ノ・ミヌ側の法律代理人は、契約が満了した後に提訴した理由について「実はその時点(2010年頃)から訴訟に対する悩みはずっとあった。契約を解除してからまたSMを相手に提訴する場合には、番組出演を妨害しようとする間接的ないくつかのことが、さらにひどくなりうるという恐れがあったため、訴訟を躊躇したのも事実だ」と打ち明けた。

17年間の専属契約については「最初のアルバム(2004年)が出た瞬間から7年間専属契約が有効だという風に契約が締結されていた。しかし、(アルバム発売前に)いざ、練習生期間の3~4年間を経てTRAXというバンドの1stアルバムを発売する時が近づくと、突然『6年延長しよう』と言われた」と説明した。

SMによる番組出演妨害については「出演が確定したにもかかわらず、最後の最終決定段階でノ・ミヌがきちんと納得しがたい理由で出演を断られるなど、そういった事例を何度も経験したからだ」と主張した。

これに対してSMは公式回答の代わりに報道を通じて「根拠のない訴訟提起と申告について多角的に法的対応を取る」と伝えた。

写真=「SBSテレビ芸能」放送画面キャプチャー

記者 : コ・ヒャンミ

えー2010年って「僕の彼女は九尾狐」の時位から訴訟するか悩んでいたそうです。契約が終わってから5年ていうことは九尾狐が終わってから独立したということですよね。

ということは「マイダス」や「フルハウスTAKE2」は自分の力で出演されていたの?凄い!って思ったら2012年12月までコアコンテンツメディアという事務所にいたそうですね!でも、2014年の「最高の結婚」というドラマで主演されています!やっぱり凄い!

でもお母さんがノ・ミヌさんを支えてくれているからここまでやってこれたのですね。お母さんが言うように、追い詰められて個人事務所を作ったのだとしたら、今まで大変な思いをされていたのかなと気の毒に思います。

結果は敗訴…

ノ・ミヌ、前所属事務所SMへの訴訟で“敗訴”

MYDAILY|

歌手兼俳優のノ・ミヌが前所属事務所のSMエンターテインメントを相手取った1億ウォン台の損害賠償請求訴訟を提起したが敗訴した。

ソウル中央地裁民事合意15部(部長判事キム・ジョンウォン) は、ノ・ミヌがSMを相手に1億5000万ウォン相当の損害賠償請求訴訟で、原告敗訴の判決を下したと21日、明らかにした。

裁判所は判決文で「SMがマネジメントを無視したり、芸能活動を継続的に妨害してきたというノ・ミヌ側の主張を認めるのには証拠がない」と判示した。

2004年にSM所属バンドTRAXでデビューしたノ・ミヌは2015年4月、ソウル中央地方裁判所にSMに対する損害賠償請求訴訟を提起しており、これと同時に公正取引委員会にSMの不正行為を申告した。

これと関連し、ノ・ミヌ側は当時法務法人公平側を通じて「SMはノ・ミヌがデビューする前に一方的な専属契約延長の合意を通じて17年に渡る専属契約を締結した」と明かして奴隷契約を主張した。

また「SMがマネジメントとしてしなければならないすべての支援活動をやめ、苦労してSMを脱出し独立的に活動を開始したと同時に、すべての放送局にノ・ミヌの出演を妨害するなどの被害者となった」と明かしていた。

記者 : ジョンウォン

証拠がないということが判決の決め手になったみたいですね。かと言って証拠なんて探せるのかなと思ったり…難しい問題ですね。何故、ノミヌさんはSMにいる時に起こさなかったのかなとも思ったのですが、バンドをされていたので一人単独で勝手にしてはいけないと思ったのでは?と思いました。

でも日本でもあることみたいですね。例えば大御所の上沼恵美子さんは個人事務所で仕事をされているそうです。昔、そんなにパッとしなかった時は、やはり吉本とか大手が強いし守られてると言っていました。まず出演オファーがあってもいきなり仕事を切られるなんてことがあったそうです。事務所の力の弱い個人事務所は特に切られることが多いとのこと。

上沼恵美子さんとノ・ミヌさんを比べる訳じゃないですが、ノ・ミヌさんも独立されてからもドラマの主演に選ばれたりしているので、かなり人気があるように思います。だからめげずにこれからの活動を頑張ってほしいです!お母さんの為にも!

☟もしよろしければこの記事も合わせてご覧下さい

旬の俳優ノ・ミヌのドラマ出演作の紹介と兵役は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA