韓国俳優イムテギョンのドラマミスティやミュージカル活動に結婚は?

現在LaLatvで放送中の「ミスティ」に出演しているイム・テギョンさん。コ・へランを見守るミステリアスな幼馴染役を演じており、難しい役どころでしたが、なんとドラマ初出演だそうです。46歳でドラマデビューとは…同じく「ミスティ」に出演しているコ・ジュンさんより遅咲きですね!

YOUTUBE コンテンツセブンから

実はミュージカル出身の俳優さんで、歌唱力が高く、演劇界ではかなり有名な方だそうで、日本でも2014年にリリ
https://www.youtube.com/watch?v=An_nBnbO-fo ースされているとのことです。今回は新人?俳優イム・テギョンさんについて書きたいと思います!

スポンサーリンク

イム・テギョンのプロフィール

名前(芸名) イム・テギョン  生年月日 1973年7月4日 

年齢 46歳  出身地 ソウル  身長175センチ

幼少期から声楽を学びミュージカル界へ

イム・テギョンさんが芸能活動を開始されたのは2002年。日韓ワールドカップの前夜祭に歌手として出演したのがはじまりです。イム・テギョンさんがミュージカル界で活動するまでの経緯を振り返ります。

幼少期から音楽に縁があったのか、ピアノの指導をしていた叔母の勧めで、声楽を習うことに。それはイム・テギョンさんの学生時代にも影響し、芸術学校(中学)に進学。高校生活はスイスのル・ロゼ学院というセレブが集う有名校に留学しています。ということはかなり裕福な家庭環境で育った事がうかがえますね。

ちなみにル・ロゼでのエピソードもあり、テギョンさんが住んでいた近所の寮に、ショーン・レノンも生活していたそうで、オノヨーコさんも見かけたことがあるんだそうです!セレブな小話ですね!

大学はアメリカのウスターポルリテクニック工科大学の生産工学科へ留学、高校や大学では声楽とは関係のない勉強をされていたそうですが、ボランティアで病院にいった事がきっかけで歌手を夢見るようになったそうです。

ミュージカル出演作品

2005年 「火の剣」 2006年「冬のソナタ」 2007年「ジーザスクライストスーパースター」「スウィーニードット」 2008年「ハムレット」 2009年「ロミオとジュリエット」2010年「西便制」 「モーツァルト」 2012年「皇太子ルドルフ」 「モーツァルト」2013「モンテクリスト」「若きウェルテルの悩み」 2014年「モーツァルト」 2015年「風と共に去りぬ」 2017年「ナポレオン」 2018年「ファントム」

https://ko.m.wikipedia.org/wiki/から引用 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA