チョンリョウォンの現在や私服に英語力!熱愛説の彼氏に結婚観!

チョン・リョウォンさんは、ドラマ「私の名前はキム・サムスン」でヒョンビンさん演じるジノンの元恋人ヒジン役で出演していたのが有名だと思います。そしてドラマ「君はどの星から来たの?」や時代劇「幻の王女チャ・ミョンゴ」にも出演し、幅広いジャンルのドラマや映画で活躍されています。

チョン・リョウォンのプロフィール

Kstyleの記事から引用

チョン・リョウォンさん(本名はヨアナ・チョン)は1981年1月21日生まれの現在36歳。身長168センチのスタイルが良く、演技だけでなくファッション関係のお仕事にも注目されている女優さんです。

ソウルで生まれ育ち11歳の頃にオーストラリアに移住され、大学生時代まで生活をしていたリョンウォンさん。移住したリョウォンさんなんですが、しばらく生活が大変だったようで、中学生1年生の時から家計を助ける為にアルバイトをしていたそうです。

アイドル時代のチョン・リョウォン

大学生の時、オーストラリアの大学から高麗大学へ交換留学していた時にオーディションを受け合格したたのを機会に芸能界へ。デビューは19歳の頃、アイドルグループ「シャクラ」として活動を開始。韓国のアイドル第一世代に当たる時に活躍していました。

※韓国のアイドル第一世代(G.O.D、Fin.K.l、SES、BABYBOX)アイドルとして活躍していた。

「END」chakura 2001年のMUSIC CAMP

チョン・リョウォンさんが所属していたグループのシャクラは、普通のアイドルグループとは違い、インドをモチーフにした異国風のアイドルでした。第一世代のアイドルのジャンルとしては、個性派で人気も高く一目置かれるアイドルだったそうです。

今の世代のK-POPアイドルはかなりの下積み期間を経て、グループとして活動を開始していますが、当時は所属してすぐに活動していたそうです。リョウォンさんの高音の歌声は魅力的だったとのこと。そして2004年にシャクラは解散し、リョウォンさんはアイドルから女優へ転身。

女優チョン・リョウォンの魅力

英語がネイティブ並み

歌手としてだけではなく、女優業へ進んだリョウォンさんは、どんどんキャリアを積んでいきます。

2005年には視聴率50%を越えた人気ドラマ「私の名前はキム・サムスン」でヒョンビンさん演じるジノンの元恋人役ヒジンを演じ、人気が急上昇!ドラマの中では、それぞれの事情で別れてしまった元恋人ジノンをまだ愛しているようなヒジンですが、献身的に支えてくれるヘンリーにも惹かれて、切ない胸中を演じています。

ヒジンが渡米する設定だったり、ヘンリー役のダニエル・ヘニーさんが韓国語があまり話せない(ドラマでも韓国語は話せない設定)事もあり、オーストリラリアに11歳で移住し、英語がネイティブ並みのリョウォンさんにとってヒジン役は彼女にしかできない役柄でした。

20歳代後半からのチョン・リョウォン

ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」に出演後も、2006年にはMBC「君はどの星から来たの?」に出演。キム・レウォンさんと共演していました。

2009年時代劇SBS「幻の王女チャ・ミョンゴ」では、チョン・ギョンホさんと共演。アクション時代劇にも挑戦。

Kstyleの記事から引用

2012年SBS「サラリーマン チョ・ハンジ」では、毒舌のヒロインを演じています。チョン・リョンウォンさんの演じている中で最も個性的な役だと思います。赤い髪が役柄にマッチしています。このドラマは視聴率20%を記録し、リョウォンさんはSBS演技大賞で女性最優秀賞と10代スター賞を受賞。

同年SBS「ドラマの帝王」にも出演。

Kstyleの記事から引用

2013年MBC医療ドラマ「メディカルトップチーム」ではチュ・ジフンさんとのカップルを演じています。

Kstyleの記事から引用

2015年tvN「風船ガム」ではイ・ドンウクさんと共演。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA