2PMテギョンの兵役や怪我に性格!結婚観に熱愛説の彼女!ユナは友達

2PMのテギョンさんは日本でも人気のK-popアイドル!正統派な男前で、なんか昭和の俳優さんとかに多そうなりりしい印象です。最近では、LALATVで「三食ごはん」を放送していて、テギョンさんとイ・ソジンさん、キム・グァンギュさんのやり取りが面白くて見ています。

バラエティ以外でも、ドラマの「シンデレラのお姉さん」「本当に良い時代」に出演され、どれも高視聴率でした。どれも見ましたが面白かったです!

色んな場で活躍されているテギョンさん!もうすぐ入隊で、ファンの方は寂しいですね!もうすく兵役に行ってしまうテギョンさんについて気になることを書いていきたいと思います。

Kstyleの記事から引用

2PMのテギョンの兵役の事!

2PMのテギョンが12日、大邱(テグ)で受けた身体再検査で現役判定が出た後、歓呼した。

2008年、椎間板ヘルニアなどで公益判定を受けた彼は「韓国の男なら当然軍服務をきちんとしなければならない」という自身の意志により数回の手術を受けて再検査を申請し、同日現役入隊の判定を受けた。

このような決断は、兵役義務を避けようとする不祥事事件と関連した疑惑が絶えない芸能界で新鮮な衝撃を与えている。彼は現役入隊への道を確実にするため、2010年にアメリカ永住権を放棄した。

テギョンが現役判定を受けるまでの道のりは、険しくて厳しかった。公益判定の理由になった椎間板ヘルニアを治療するため、彼は2PMと役者としての活動を両立する忙しい中で2012年と2013年の2回に渡って手術を受けた。

これまで椎間板ヘルニアで公益勤務の判定を受けた運動選手や芸能人のほとんどは、そのまま現役の代わりに公益として勤務したが、テギョンは全く異なる道を選んだ。

2013年には、再度危機が訪れた。日本での活動中、腕が折れる重傷を負ったのだ。彼は再検査で現役判定を受けるため、以前負傷した部分を固定させていた鉄心を除去する手術を受けた。

テギョンの側近によると、このように険しい過程を経て現役判定を受けた彼は「ついにやった」と喜びを隠せなかったという。

記者 : ソン・ナムウォン

Kstyleの記事から引用

韓国の兵役事情は分かりませんが、あえて厳しい道を選択したテギョンさんは男らしいですね。あんまりこういう方はいないのではないでしょうか?ただ椎間板ヘルニアは、何回も繰り返したりと厄介な腰痛です。

そして更に、上の記事にもありますが日本で活動中の休憩時に腕の骨折をします。その原因が腕相撲だそうです。メンバーと腕相撲をしてその時に骨折し、病院で見てもらった結果が…テギョンさんの鍛え抜いた筋肉が原因だそうです。筋力はあるにこしたことはないと思っていたけど、こんな事故があるんですね。

Kstyleの記事から引用

骨折の手術痕が痛々しいですね。

19歳の頃に身体検査を受けてから、腰の手術、腕の骨折など困難を乗り越え、2017年に入隊されるそうです。2017年初頭と言われていますが、いつになるのでしょうかね?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA