嵐の女の第3話のあらすじと感想(ネタバレ)

嵐の女の第3話のあらすじ

ジョンイムの家に来ていたヒョヌと、済州島から帰って来たムヨンが出くわしてしまう。ムヨンは不審に思い掴みかかり、ヒョヌは抵抗する。

以下ネタバレを含みます。ご了承下さい。

掴みかかっている二人を見たジョンイムは、ムヨンに事情を話す。怒るムヨンに「警察に行こうと言われて、時間を稼いで解決しようとしたの」と説明するジョンイム。「それで分割払いに?」とムヨン。「他にいい方法がある?電話にも出ないし」とジョンイムも不満を言う。

すると姑が、自分で解決すると怒鳴り家を出る。そしてヒョヌに分割払いを頼みに行く姑。嫁は自分の借金のせいでアルバイトをして苦労してるのとヒョヌに泣きつく。事情を聞いたヒョヌは分割払いで良いと姑に話す。それを聞いて喜ぶ姑。

会社でヒョンソンはへビンの部屋に行き話をする。済州島の件をジュンテが知っていたから、へビンから上手く弁明するようにと言うヒョンソン。へビンはジュンテは私に興味がないから大丈夫と言うが、ヒョンソンは興味はなくても敵意はある、弱みを握られるなと警告する。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA